副業投資に最適なバイナリーオプションを初心者向けに紹介して行きます

バイナリーオプションを始めよう

チャート

ボリンジャーバンドの活用法

更新日:

 

ボリンジャーバンド

 

ボリンジャーバンドはアメリカのジョン・ボリンジャーという経済学者が開発したテクニカルの指標で、トレンド系の指標として有名です。今現在も非常に多くの人が愛用しています。ここでは、そんなボリンジャーバンドとは何かというところから使い方について紹介していきましょう。

 

ボリンジャーバンドとは

 

ボリンジャーバンドは中心に移動平均線を表示させて、その上下には移動平均線に標準偏差を盛り込んだバンドと呼ばれる値動きの幅を表示させています。これは為替レートが上下に振れたとしても、中心である移動平均線付近まで戻るという性質を表わしています。

つまり、このバンド内で為替レートが推移する可能性が高いというわけです。

 

上下の線

 

ボリンジャーバンドの上下の線は標準偏差を表わしています。統計学でσ(シグマ)と呼ばれ、ある期間の約68%が入る部分を±1σ、約95%が入る部分を±2σとしています。つまり、±2σのラインはレートのほとんど(約95%)がこのバンド内に収まることを意味しています。稀に±3σを使っている人もいますが、実際にここまでレートがタッチすることはあまりなく、あまり現実的ではありません。

そのため、±2σのバンド付近で逆張り的にトレードする方法を多くの人が使っています。逆張り的というと、上の+2σに為替レートがタッチしたら売り方向に、下の-2σにタッチしたら買い方向にエントリーするといった感じです。

以下に実際のチャートにボリンジャーバンドを表示させたものを添付します。

水色のラインが±2σ、赤色の線が±1σです。

ボリンジャーバンド2

 

スクイーズとエクスパンション

 

ボリンジャーバンドの使い方として、上下のバンドでの逆張り的な手法がメジャーであると言われていますが、ボリンジャーバンドの開発者であるボリンジャー氏の意見はちょっと違います。彼が推奨している使い方とは、バンドの幅が狭くなった後は急激に広がり大きなトレンドが発生するため、そのトレンドの初動を狙ってトレードをすることだそうです。

バンドが狭くなった状態をスクイーズといい、広がった状態をエクスパンジョンと言います。わかりやすく、以下の図で説明します。

 

ボリンジャーバンド3

 

図の上部にあるのがスクイーズです。バンドの幅が他よりも狭く、真ん中の移動平均線はほぼ横ばい状態です。相場は上にも下にもいかずに、どちらかに行くためにパワーをためているといった感じです。そのパワーが一気に解き放たれた状態が次のエクスパンジョンです。バンド幅が上下方向に一気に広がっていることを確認できます。

 

バンドウォーク

 

ボリンジャーバンドは上下のバンド幅内でレートが収まり、中心の移動平均線に戻る傾向があると記載しました。しかしながら、実際にチャートを見ると、そうはなっていない場合が多く見受けられます。

例えば、以下のように、バンドに沿ってレートが推移していく状態です。

 

ボリンジャーバンド4

 

このようにバンドに沿ってレートが動いていることを、バンドウォークと呼びます。先程のスクイーズ状態からエクスパンジョンへ移行した場面で多く見られる現象です。つまり、強いトレンドが発生した場合は、レートが戻ることなく、一気にトレンド方向へ動くことを意味しています。

レートが-2σに来たからといって、逆張り的に買い方向でエントリーするとこのようなバンドウォークにハマってしまい、損切の嵐になってしまいますので、スクイーズの後のトレードには注意が必要です。

 

以上のように、ボリンジャーバンドについて説明してきました。ボリンジャーバンドは意外に奥が深いテクニカル指標です。バイナリーオプションはどちらかというと短期でのトレードが多いため、上下のバンドにタッチしたら逆張り的な使い方のようが有効ではないでしょうか。

-チャート

Copyright© バイナリーオプションを始めよう , 2021 All Rights Reserved.