副業投資に最適なバイナリーオプションを初心者向けに紹介して行きます

バイナリーオプションを始めよう

MT4

MT4を使ってエントリータイミングを確かめましょう

更新日:

 

MT4

 

MT4は無料で使える非常に優れた取引ツールです。FX用の取引ツールですが、バイナリーオプションのエントリーサインとしても使用することができます。

ここでは、そんなMT4について主なテクニカル指標の表示方法とエントリーのタイミングについて紹介していきます。

 

移動平均線を表示しましょう

 

テクニカル指標の中で最もメジャーなものといえば、移動平均線ではないでしょうか?英語ではMoving Averageと書き、MAと省略されています。

当然、MT4にも移動平均線のインジケーターは最初から組み込まれています。では、早速MT4で移動平均線を表示させてみましょう。

MT4を立ち上げて、上部のタブから「挿入」→「トレンド」→「Moving Average」をクリックします(下図参照)。

 

MT4

 

すると、下記のような画面になり、移動平均線の設定画面になります。

 

移動平均線

 

各項目の説明は以下の通りです。

期間:移動平均線の期間。長くすればするほど、なだらかなラインになる。一般的な期間は21日。

移動平均の種別:SMAかEMAかその他の移動平均線の種類、デフォルトのままでOK

スタイル:色や線の種類、線の太さを変更できます。

ひとまずこれでOKのアイコンをクリックすると、下記のようにチャート上に移動平均線が表示されます。

 

パーフェクトオーダー

 

一目均衡表を表示しましょう

 

次の一目均衡表も人気の高いインジケーターです。

移動平均線と同じように、MT4にはデフォルトで組み込まれています。

「挿入」→「インジケータ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックします。

一目均衡表はローマ字で表記されているのがちょっと面白いですね。

 

一目均衡表

 

すると、下記のような一目均衡表の設定画面に移行します。

 

一目均衡表

 

パラメーターでは転換線や基準線、先行スパンの期間を入力します。

デフォルトのままでも十分使えます。

さらに上段のタブで色の設定を選択すると、転換線・基準線・遅行スパン・雲の色や線の種類・線の太さを設定することができます。

全てを設定して、OKボタンをクリックすると、下記のようにチャート上に一目均衡表が表示されます。

 

一目均衡表

 

ボリンジャーバンドを表示しましょう

 

今度はボリンジャーバンドをチャート上に表示させます。

上の2つ同じように、「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Bolinger Band」をクリックします。

 

ボリンジャーバンド

 

すると以下のような設定画面になります。

 

ボリンジャーバンド

 

期間は中心に表示する移動平均線の期間で、偏差は上下にどれくらいの偏差でバンドを表示させるかを決めます。一般的には±2σと言われています。

最後に線の色や種類、太さの設定です。

これらを入力してOKボタンを押すと、下記のようにチャート上にボリンジャーバンドが表示されます。

 

ボリンジャーバンド

 

ストキャスティクスを表示しましょう

 

最後にストキャスティクスをMT4のチャート上に表示させてみます。

これまでと同様に「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「Stochastic Oscillator」をクリックします。

 

ストキャスティクス

 

すると、以下のようなパラメーターを設定する画面に移行します。

 

ストキャスティクス

 

ストキャスティクスはデフォルトのままで十分使うことができます。

ただ、色の設定は好みがあるので、それは各人で行ってください。

レベル表示とは、設定した値にラインを表示させます。このレベル表示があると、現在のストキャスティクスの値がどれくらいかを瞬時にわかることができますので、非常に便利です。ここでは、20と80のところにラインを引くようにします。

 

ストキャスティクス

 

以上で、OKボタンを押すと、チャート上にストキャスティクスが表示されます。

 

ストキャスティクス

 

これまで挙げてきたインジケーターと違って、ストキャスティクスは別ウィンドウでの表示になっています。

 

エントリーのタイミング

 

これまで4つのインジケーターの表示方法を説明してきました。どのインジケーターもFXで実績があるインジケーターです。ですから、当然バイナリーオプションのエントリーとしても使用することができます。

正確に言うと、エントリーするタイミングを各インジケータが教えてくれるといったほうが正しいのかもしれません。そのためには、バイナリーオプションの取引時間とMT4のチャートの時間足を似たような時間にあわせる必要があります。バイナリーオプションの取引時間が1分なのに、チャートが1時間足で表示していたら、バイナリーオプションのエントリーにはほとんど役に立ちませんよね。

 

以上のように、MT4でのインジケーターの表示方法について紹介していきました。バイナリーオプションのエントリーにMT4のインジケーターを使うことで、何もしないよりも勝率が上がると予想されます。MT4を上手く活用して、バイナリーオプションのエントリーに役立ててみてはいかがでしょうか?

 

 

-MT4

Copyright© バイナリーオプションを始めよう , 2021 All Rights Reserved.